脚 −reg−

トレーニングを語る上ではずす事ができないのが、この足の筋力トレーニングです。スポーツをしている人ならしっかりとした足腰がとても重要であることは知っていると思います。そうでない人でも、下半身をしっかりと鍛えることで、全体的にバランスが整った体にすることができると思います。なんだか学生時代に部活の顧問に言われたことをそのまま書いてしまった気がしますが・・とりあえずこのページでは脚(下半身)の筋力を鍛えるトレーニングでも紹介してみようかと思います。

スクワット

下半身のトレーニングでもっとも有名でもっとも行われている(実際に統計を取ったわけではないのでホントのところどうかはわかりませんが)筋力トレーニングではないでしょうか。これも腕立て伏せと同様にいまさら説明する必要はないかとも考えたのですが、一応筋力トレーニング(と呼べるのか?!)を扱っているサイトなので書いてみようと思います。

トレーニング方法1
背中を伸ばしてまっすぐに立ち、足を肩幅ぐらいに広げます。この時に空いている両手にダンベルなどのウェイトを持つと、脚へかかる負荷が強まって効果的かもしれません。お花なんか持つとなんだかとってもファンシーな感じになるかもしれません。ミルクティーを持つと管理人が喜びます。(ミルクティーは管理人の大好物です)何だかよくわからないことを書いてしまいましたが、そんな感じでスクワットの基本姿勢を作りましょう。要はまっすぐ立って足は肩幅ってことですね。
トレーニング方法2
スクワットの基本姿勢から上半身をまっすぐに保ったまま膝を曲げて体を沈めていきます。この時もゆっくりと下げていくと脚がプルプルするぐらい負荷がかかっていいかも知れません。まぁゆっくりにしなくても常識的なスピードであれば筋力トレーニングを行う上で問題はないと思います。ももが床と水平になるぐらいまでしゃがみこんだら、またゆっくりと基本姿勢に戻りましょう。そういえば床とももが水平になった状態の時に、数秒その体勢をキープした方が良いと言われているようですが、それは個人の自由だと思います。というかあまりにしゃがみこんでいる時間が長すぎると、イジけていると思われてしまう可能性があるので、程ほどにして基本姿勢へ戻ることをオススメします。

ゴムチューブ運動

このサイトの筋力トレーニングではもはやはずすことのできない存在となってしまった存在!またまた登場しましたゴムチューブです。何だかんだでとても筋力トレーニングに向いているのではないかと思うようになってきました。あまりの筋肉トレーニング向きな性質のため、むしろ自転車のタイヤの部品として使用するのが本来の使い方ではないとさえ思ってしまうほどです。今回のこのゴムチューブで脚の筋力トレーニングを考えてみました。

トレーニング手順1
筋力トレーニングの下準備として、ゴムチューブをカットして一本のゴムにします。その後で両端が輪になるように結び○──○な形になるようにします。
トレーニング手順2
片方の輪に足を通し脚のあるイスに座ります、そのままもう片方の輪を座っているイスの脚に入れます。これで筋力トレーニングの準備は完了です。後は脚の筋肉をガンガンに鍛えるだけです。
トレーニング手順3
いよいよ筋肉を鍛えましょう。ゴムチューブが入っている方の脚を伸ばした状態で、床から上に上げて行きます。チューブに入っていないほうの足を上げてもあまり筋肉を鍛えることができないどころか、ただの阿呆にしか見えないのでこの筋力トレーニングを行うときには充分に注意しましょう。話を戻します。足を上げていくとイスの脚でチューブが固定されているため、適度な負荷がもも、スネあたりにかかると思います。ある程度上まで上げたら元の状態に戻します。コレを何度か繰り返して行いましょう。

番外編:空気イス

もはやトレーニングと呼べるのかも解らない筋力トレーニングですが、このページを作成している時にふと学生時代の部活を思い出したので書いてみようと思います。管理人はテニス部に所属していました。その時代にあったトレーニングと言えば「うさぎ跳び」「空気イス」「ダッシュ〜本(途中で水分をとろうものなら撲殺 or 別トレーニングを追加)」という現代では考えられないようなトレーニングと言う名の虐待が繰り広げられていました。「根性」「気合」その言葉がどんな科学的なトレーニングをも凌駕すると本気で信じられていた時代だったのだと思います。しかしながら、空気イスだけは現在考えてみても結構理にかなった筋力トレーニングだったのではないかと思います。まぁ関節への負担を考えるとそうではないのかもしれませんが、負荷が一番かかる状態でのキープと言う点では現在の筋力トレーニングと通じるものがあるんじゃないかと・・・そんなことをふと思い出しました。

Last update:2015/4/1

免責事項

あなたが「core-muscle.com」を利用するにあたって、最低限、理解し納得していただかねばいけない事柄について、説明しています。このサイトを利用、または、このサイトが提供する情報を利用した場合は、同意したものとみなされますので、ご注意下さい。

プライバシーポリシー

「core-muscle.com」は、みなさまからのご意見ご感想をいただく際に必要最低限のユーザー情報を取得します。ユーザーから取得した個人情報に対する考え方を記載しています。必読ください。。

ご意見・ご感想

このサイトをよりよいホームページするためのご意見・ご提案等を頂ければ嬉しく思います。皆様から頂いたご意見・ご感想は、今後のサイト改善のための参考にさせて頂きます。どうぞ宜しくお願い致します。

Copyright (C) 2008 core-muscle.com. All rights reserved.